家庭の医学♪お風呂に入ると血糖値が下がる!正しい入浴方法教えます

投稿者: | 2016年7月1日

血糖値が気になっている、という方はどのような対策をとっていますか?まだ糖尿病ではなくても、その予備軍と呼ばれる状態の方も少なくありません。そのため、さまざまな血糖値を下げる方法が存在しています。
その中でも、近年特に注目されているのが、お風呂の入り方によって血糖値を下げる、というものです。

では、具体的にどのようにお風呂に入れば血糖値を下げることができるのでしょう?その理由も踏まえてご紹介してみたいと思います。
今夜からでも、さっそく試すことのできる方法ですので、参考にしてみてください。
k7

◆そもそもどうしてお風呂に入ることで血糖値は下がる?

まずは、どうしてお風呂に入ることで血糖値を下げることができるのか、という点について考えてみましょう。
まず、最初のポイントとなるのが身体を温めることで、血行が良くなるという点です。血液が正常に体内で循環することによって、血糖値が下がるのです。
また、リラックス効果によっても血糖値は下がると言われています。ストレスは血糖値だけでなく、血圧など、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。お風呂にゆったりとつかることによってリラックスし、ストレスを解消することが可能できるのです。

ただし、糖尿病の治療を受けている方の場合は入浴の際に注意しなければならない点がいくつかあります。
中でも特に重要なのが、インスリン注射後や、血糖値を下げる薬を飲んだ後には入浴をしない、という点です。
入浴によって体温が上がると、インスリンの吸収率が高くなってしまいます。そのため、低血糖になってしまう恐れがあるのです。血糖値を下げる薬も同様で、入浴によって低血糖になり、酷い場合は気を失ってしまうこともありますので注意が必要です。

◆より血糖値を下げるための入浴方法

単に入浴と言っても、どんな方法でも良いわけではありません。より血糖値を下げる効果を実感したいのであれば、できるだけぬるめのお湯に10分以上はつかるようにしましょう。
あまり熱いお湯に入ると、心臓に負担がかかることもありますし身体を芯まで温めることはできません。

また、入浴中にリラックスするために入浴剤などを使用するのも効果的でしょう。
このように、お風呂に入ることで血糖値を下げられます。入浴方法によって、効果も変わりますので、ここでご紹介した方法を参考にしつつ、あなたがもっともリラックスできる入浴スタイルを探してみましょう。入浴は毎日のことですので、うまく血糖値を下げる方法を身に着けられたら、高い効果を期待できます。

トップへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です