【朗報】血糖値が上がる心配よりも、下げる運動を実行しましょう!

投稿者: | 2016年7月1日

血糖値が高くなると、身体にさまざまな悪影響が出るようになります。成人病の原因の多くも、この血糖値の上昇です。
では、逆に血糖値を下げるためにはどうすれば良いのでしょう?さまざまな方法がありますが、ここでは特に運動についてご紹介してみたいと思います。

あまり身体を動かすのが好きではない方の場合、「運動」と聞くだけで気が重くなってしまうかもしれません。しかし、必ずしも血糖値を下げるための運動がすべて苦しいものとはかぎりません。
健康のために、あなたも気軽にチャレンジしてみませんか?

◆血糖値を下げるために必要なのは無理な運動ではない!

運動と言うと、ジムに通って本格的なトレーニングをする…といったものをイメージする方も多いでしょう。しかし、わざわざジムに通って高い負荷をかけるトレーニングをする必要はありません。
むしろ、級激に負荷の高い運動をすると、それが原因で身体がダメージを受けてしまうこともあります。また、長期間にわたって続けることは難しいでしょう。

では、血糖値を下げるために有効で、なおかつ、続けやすい運動とはどのようなものなのでしょうか?
その代表となるのがウォーキングです。ゆっくりとしたペースであっても構いません。1日に20分程度で良いので、歩いてみましょう。
k13
仕事などが忙しく、ウォーキングのためにわざわざ時間を割くことができない、という方は通勤に徒歩を取り入れてみましょう。1~2駅であっても毎日歩くことによって、確実に血糖値は変化します。ポイントは無理のない距離、時間からスタートすることです。
慣れてくれば体力もついてきますので、より長い時間・距離を歩いてもバテてしまうことはなくなるでしょう。

◆水泳やサイクリングも効果的

ウォーキングよりもさらに高い効果を期待できるのが、水泳やサイクリングです。いずれにしても多少の準備が必要ですが、血糖値を下げるためにはより高い効果を期待できます。
この水泳とサイクリングの良いところは、ジョギングなどと比較して身体にかかる負担が小さい、という点です。
確かにジョギングは血糖値を下げるために効果的な運動の一つですが、日常的にあまり身体を動かすことが少ない方の場合、膝などにダメージを与えてしまうこともあります。
それに対して、水泳やサイクリングの場合はあまり膝の間接などへの負担が大きくないため、安心して続けられるのです。
k14
ほんのわずかでも構いません。血糖値を下げて健康的な身体を手に入れるために、運動をはじめてみましょう。きっと、良い効果を得られることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です